会社に勤務をしている若い年代の人は、上司が定年退職をする時には、日頃の感謝の気持ちを伝え、新しい門出をお祝いするためにフラワーギフトを贈りたい人がほとんどです。

退職祝いのフラワーギフトのマナーを知っておきたい人が増えており、どれぐらいの金額の商品を選んだらよいか、悩んでいる人も多いです。

退職祝いに人気なフラワーギフトの値段の相場は、5,000円から10,000円前後になっています。薔薇や百合、ガーベラ、カーネーションなどの上品で華やかな印象の、お花が高い人気があります。

贈る時期は退社の当日か、送別会に出席をする時に、手渡しをすると良いでしょう。

上品で清楚な印象の花束が根強い人気がありますが、蝶々が舞っているような愛らしい花びらが特徴の、胡蝶蘭の鉢植え、丈夫でお手入れが簡単な観葉植物などもお勧めです。

自宅に持って帰る必要があるため、あまり大きいサイズの商品は避けたほうが良いでしょう。コンパクトなサイズの小型か中型の鉢植えを選んであげると、持ち帰りの負担が少なくなります。

胡蝶蘭は気品のある白が根強い人気がありますが、ピンクやパープルなどのきれいな色合いの商品もお勧めです。胡蝶蘭は他の花に比べると、花期も長いのが特徴になっており、長い間楽しんでもらえます。

会社の人と共同で購入する場合は、一人当たりの予算が1,000円前後になっています。

観葉植物は美しいグリーンが特徴になっており、きちんと水やりを行うと、育てやすい商品が豊富に揃っています。ゴムの木やモンステラ、アイビー、ポトスなどは、葉の形状も美しく、忙しい人にも人気があります。

退職祝いのフラワーギフトのマナーは、香りが強すぎず、花粉なども落ちにくい花を選びましょう。

退職をする上司には、口頭でもお祝いのメッセージが伝えられますが、きちんとメッセージカードを届けたい人が増えています。フラワーショップに事前に依頼しておくと、メッセージカードを添えてもらえます。

女性はもちろん男性にも、好印象を持ってもらえるような文面を考えておきましょう。

信頼できる評判の高いフラワーショップでは、季節の美しい花を数多く取り扱っており、きれいな花束を作ってもらえます。観葉植物は種類も多いですし、部屋の空気をクリーンにする働きがあるため、玄関やリビング、寝室などのインテリアにぴったりです。

受け取った人が笑顔になれるような、お花や観葉植物をじっくりと比較してから、購入すると良いでしょう。