結婚式の準備品で欠かせないものの1つに「引き出物」があります。引き出物はお土産としての役割が強く、ほとんどの結婚式で用意されます。地域によって数や内容に違いがあるため、情報をリサーチしながら納得のいくものを探すことをおすすめします。今回は結婚式の引き出物の基礎知識と、おすすめの品物をご紹介します。

引き出物の数は奇数が基本

偶数は割り切れてしまうため2人の別れをイメージさせることから、結婚式の引き出物の数は奇数で準備するのが基本とされています。紅白饅頭やかつお節、おいりなどいわゆる「しきたり品」とされるものと贈り物、引き菓子で3つと数えるケースや、全部で5つにしなければならないなど、引き出物の内容は地域によってかなりの差があります。

引き出物の中身は相手によって変えるもの?

最近では、引き出物の中身を相手によって贈り分けるというカップルも少なくありません。男女で分けるほか、親族とそのほかのゲストで分ける、未婚者と既婚者で分けるなどの分け方をすることが多いようです。贈り分けることで相手にピッタリの品物が渡せるメリットがありますが、贈り分けているということをゲストに知られないようにすることが大切です。外側の袋を同じものにすることは当然ですが、中身の大きさをある程度揃えたり、同じテーブルに座る人同士はなるべく同じものにするなどの配慮が必要です。

喜ばれる引き出物の選び方とは?

ゲストに喜ばれる引き出物を選ぶには、いくつかのポイントがあります。結婚式ではアルコールドリンクを飲む方も多いため、電車やバスを使って帰宅される方が多いものです。年配者やヒールを履いた女性も多く、重たいものは持ち運びしづらいため避けた方が無難です。ほかにも、新郎新婦の名前や似顔絵が入ったものも引き出物としては不人気である傾向があります。どうしても名前や似顔絵を入れたいという場合には、食品のように手元に残らないものにすることをおすすめします。


ゲストに喜ばれるおすすめの引き出物4選!

もらって嬉しい引き出物とされるアイテムの中から、おすすめの商品をご紹介します。引き出物選びに迷った時はぜひ参考にしてみてください。

【人気№1はカタログギフト!】
「もらって嬉しい引き出物」の代名詞とも言えるのがカタログギフトです。フリーチョイスで好みのものを選んでもらえるため、「喜ばれただろうか?」という心配もいりません。カタログギフトは、百貨店や有名ブランド、専門業者などさまざまな商品があるため、2人のセンスが感じられるものを選びましょう。

東急ハンズ カタログギフト

エスプリの効いた日用雑貨が人気の東急ハンズ。新郎新婦の友人などへの引き出物には東急ハンズのカタログギフトはいかがでしょうか?実用品は貰ってうれしいもの№1です。

【自分では買わないからこそブランド食器】
ブランド食器も引き出物の定番です。重たくなりすぎないようなアイテムを選ぶことがポイントです。ブランド食器は自分で購入する機会が少なく、もらうと嬉しいアイテムとして女性を中心に人気があります。

Bodum グラス 2個セット

有名カフェでも取り入れられているボダムのダブルウォールグラス。飲み物が宙に浮いているかのように見えるデザインが魅力です。お酒を飲む方には取っ手のないものを贈り、お酒を飲まない方にはカップにするという贈り分けもおすすめです。

【何枚あっても困らない日用品の王様】
タオルは何枚あっても困らない日用品です。老若男女問わず需要があるため、引き出物にもよく選ばれます。軽くて持ち運びにも最適です。

今治のタオル

タオルは直接肌に触れるものなので、国産品を贈りたいと考える方も多いのではないでしょうか?国産タオルの王様、今治のタオルを選べば本物を知る方からも喜んでもらえることでしょう。

引き出物の準備の前にはリサーチを

引き出物は地域の風習が色濃く反映されるものです。購入する前には、夫婦どちらの出身地域の風習を採用するのか、風習の内容などをリサーチしておくことをおすすめします。ホテルで紹介される業者を利用するのは便利ですが、割高になることを忘れずに。最近では、引き出物を当日渡しではなく、ゲストの自宅へ配送するというカップルもいます。重い引き出物を選ぶ場合には、配送を検討してみてはいかがでしょうか?受け取るゲストのことを考えて、素敵な引き出物を選びましょう!